オンラインゲームランキング・レビューTOP批評修正10票以上ランキング全ランキング使用説明
-ファイナルファンタジー2(FF2)- ※評価は人それぞれです、参考程度にお役立て下さい。
ドラクエ・FF・レビュー[PR]
1つでも色々なタイトルでも投票お待ちしております〜!

ファイナルファンタジー2(FF2)を評価する 1988年12月17日
評価 (6.00/4)
全批評最悪 (これは)自由度の高いFF (ちよ)雰囲気がすごく良い (きりこ)攻略法w (ありり)

 名前/これは
見出し最悪
評価(1)
FFの中では最悪。黒歴史と言っていい。
ダンジョンに入るともう出れない。ボスを倒せなければ戻れない。
熟練度システムも含め、全てが廃人向け。

FF崇拝の自分が唯一投げたゲーム。
このシステムは2度と使われなかったのが証拠。
ただ同じ作業を繰り返す古いRPGはいらない。

FF3以降は間逆。廃人要素はなくなり、本当のFFシリーズが
始まった。
2016年11月24日(木) 3:31:45


 名前/ちよ
見出し自由度の高いFF
評価(8)
自由度がメチャクチャ高いFF。
自分はUから入りましたが、最初は何をどうして良いのかさっぱりわからなかった。
反面、底知れぬ奥深さを感じ、何度も痛い目を見ながらもブラックボックスいじるかのごとくあれこれやったものです。
個人的にはたぶんシリーズの中で一番長くやってる作品かと思う。
思い入れも強い。

とにかく、キャラクター育成の幅がシリーズ随一で、色んなキャラクターメイキングができるのが楽しかった。

一般的にはコツをつかむまでかなり時間がかかるし、システム的に合う合わないもあるので敷居の高い作品かと思う。
2013年10月10日(木) 13:14:59


 名前/きりこ
見出し雰囲気がすごく良い
評価(8)
ちょっとルートそれると3桁ダメージ受けて即死とか
今のFFシリーズから考えるときびーし〜〜 だけどそれが楽しい
ゲームでしたね。

レジスタンスの基地での音楽とかも良く
今の3Dで美しいグラフィックよりよっぽど世界観に酔えました。

RPGが今より全然冒険してた気分になれてた、そんな時代のゲームです。
2011年10月18日(火) 16:59:36


 名前/ありり
見出し攻略法w
評価(7)
FFの二作目にして熟練度システムw冒険しすぎだろうw
当時やっただけの人には、酷くバランスの悪い糞ゲーの評価もあると思う。
というのも、当時は回避率無視の防御力重視、両手持ち、決定キャンセル、PTアタックでHP上げ…
と言った方法がゲーム雑紙で堂々と攻略法として推奨されていた為。

防御力重視の装備は守備力は高くなるが回避率が無くなる。
両手持ちも威力は上がるが、盾が持てない為同上。
そしてこのゲームは回避しないと素早さが上がらない→回避率、逃亡確立も上がらない。
決定キャンセルは武器LVはサクサク上がるが、攻撃力過剰になり雑魚戦がすぐ終わる。
→被弾の機会が減り、回避率が上がらなくなる。
PTアタックもHPは伸びるが、後半の敵はHP割合ダメージの攻撃も出てくる。
→回復の手間、MP消費が増え、更に怠くなるw

と言った形で、当時の攻略法はシステムの裏をかいたつもりで、実はあまり考慮されていないコース外の悪路を走っているような物だったw

しかし、初期装備の系列のまま装備を変えていくだけでゲームバランスはかなり改善され、上記の技を封印する事でサクサク進むゲームに変貌する。
元々攻撃力過多になりがちなゲームなので、盾を持つ事のデメリットよりメリットの方が大きい。
初期装備で盾を持っていないキャラは、被弾は大きくなるがボス戦でのアタッカーになれるし。
(中ボスは普通にやっているとダメージがろくに通らない程の守備力がある敵も多い)
慣れてくれば状況によって盾の持ち替えも駆使すれば更に楽になる。

ゲーム自体は帝国軍対反乱軍という設定上、死者もガンガン出る悲壮なストーリー。
レオンハルトは言った事をすぐに反故にするなど、ストーリー的にご都合主義というか、未熟な部分は多いけど良作の部類に入れて良いと思う。
音楽も当時からすれば信じられないほどの重厚感があり、それを引き立てている。
ぶっちゃけ、当時の攻略法が無ければもっと評価されて良いゲームだと思う。
2011年10月16日(日) 12:41:12